Jul 28, 2012

Fuji Rock 2012

昨日はFuji Rock 2012に行ってきました。5時半に待ち合わせなのに、5時半に起床しました…。けど友達も始発に乗れなかったらしく、時間を遅らせて集合。そのあともう一人と合流し出発。ナビどおりに進むもなぜか目的地の新潟とは逆走してることに途中で気づく…。しかも首都高の渋滞にはまり、高速からなかなか降りることができず…。結局9時ごろに埼玉を抜けるという悲劇。

11時すぎに向こうに到着。神立(かんだつ)駐車場に車を止めてそこからは無料のバスで移動。めっちゃオンボロで登りがかなり遅く壊れてしまうんじゃないだろうかと心配になるぐらい。30分ぐらいで会場の苗場に。やっと会場に入れる〜と思いきや、そこからリストバンド交換までの道のりが長い…。40分ぐらいかかったかな?

入場してからはまずご飯を食べながらtwenty one pilotsを聴きました。あんまり聞いたことなかったけれど、カッコイイ。2ピースであの迫力。CD買お〜。

次も同じRED MARQUEEステージでチャットモンチーを聴きました。ドラムの高橋久美子さんが脱退してからは初めてのライブです。えっちゃんがドラムとかベースやったりアッコさんがドラムとかキーボードやったりと器用。でも正直な感想はやっぱり3ピースの時と比べちゃうと生だとキツい部分が…。本職の楽器の時は凄い楽しそうに弾いてる感じがしました。

ELECTRIC GUESTを少しはさみ、GREENステージへ移動してBOOM BOOM SATELLITES。サポートドラムの福田洋子さんが渋い。中央から少しずれたとこで観てたんですが、Kick it outで最後モッシュに参加。

最後にBEADY EYE。すんごい人気でした。一曲目から大盛り上がり。Oasisの曲も演奏してたけどあれはアリなのかしら。はしゃぎまわってここで全体力を使い果たす。

THE STONE ROSESも観る予定だったけど体力的にキツイね〜という話になりブラブラして帰宅しました。21時頃で結構寒かったから来年は上に羽織るもの持って行こうと思います。あと日帰りはもう年齢的に厳しいので、泊まりで行きたいなぁ。若返ったような老けたような一日でした。

Jul 26, 2012

Ono Sarasa


本屋で見かけた「困ってるひと」という本を手に取ってみました。著者の大野更紗さん(@wsary)はtwitterで前からフォローしていたんですが、大野さんの実際の病状など詳しいことは全く知らなかったです。

“この本は闘病記ではない”と冒頭に書いてあるんですが、やっぱり読んでいて辛いと感じる場面もありました。でもそんな過酷な状況を大野さん特有の言い回しで優しく包み込んでくれて、読んだ後は心が暖かくなる感じで。元々あまり感動しない人間なのに、電車の中で泣きそうになったり。本で感動することなんて過去になかったので驚きでした。

「その国の「本質」というのは、弱者の姿にあらわれる。難病患者や病人にかぎった話ではない。あらゆる、弱い立場の姿に、あらわれる。」

この文章にぎくっとしました。平和な国、ニッポンと言いつつ普段自分が目にしない部分では、本書のような戦争が繰り広げられています。僕は政治家でもないし、将来政治家になる予定もないので制度を作る側の人間ではないけれど、ひとりの人間としてやれることは山ほどあるなぁと。社会制度の谷間に落ちてしまう人間についてのリアルな生活をこの本を通じて知って、今後は自分なりにできることを探していきたいと思いました。